社会に溶け込んでいる仕事

警備員

警備員の仕事はどんなものと聞かれた時多くの人は、施設内で起こる事故や盗難に対処することや、道路工事などの現場では人や車を誘導すると言ったことをすると言うイメージを持つものと思われます。一般的な考え方としては、警備や警護を専門に行う人と言うことになるのでしょう。そのため警備職は多岐に渡るもので、その仕事内容は職種によって大きく違って来ると考えて良いと思われます。危険とも考えられる仕事には、現金を輸送する役を担う人たちです。強盗と対峙することが十分に考えられ、お金を守ることも大事ですが自分の身を守ることも大事な仕事になっている訳です。このようなことを考えると警備員と言う職種の人は、ごく普通の暮らしの中に溶け込んでいることになり、たくさんの人が就く職業でもあると言うことになると考えられます。

警察とは違った組織である

警備員

警備員の職業に就くためには、警備会社へ入ることになり、警備会社で訓練を受けて始めて仕事に就けることになります。雑踏誘導やボディガードと言った職種も、この警備の仕事の範疇になります。警備をする仕事の内容は様々なものとなっていますが、警察のような取り締まる法律はありません。例え犯人を捕らえたとしても、逮捕は出来ず確保をすることが精一杯の仕事になります。そのため事件や事故が起きた時には、速やかに警察や消防と言った役所に通報することになります。

資格を持つことで有利な条件に

警備員

警備員は資格がなくても働くことが出来る仕事ですが、キャリアアップのためには資格を取っておくことが良い方法になります。施設警備や交通誘導警備にも資格があると就職に有利になり、給与も違って来ることになります。これら資格の他にも警備員を指導する指導者向けの資格も存在しています。警備に対する豊富な知識が必要な上にスキルを持つことで、警備員を目指す人のために指導を行うものとなっています。この資格を持つことで現場に立つことなく、仕事に邁進出来る良さが出て来ます。

人の安全を守る仕事

警備員

警備員にも資格はあると知っておきましょう。一般的な資格としては施設警備検定があり、ショッピングセンターやスーパーなどの施設において、盗難や火災等の事故から守る仕事を指すものです。1級2級とランクがありますが、誰もが18歳以上で2級を受けることが可能になります。そして多くの人が見かける交通誘導警備検定があり、道路工事や工事現場などで人や車を安全に誘導する仕事になります。この場合も1級2級とランクがあり、2級は誰もが受験可能ですが1級になると2級合格後1年の実務経験が必要になるものです。また最近では空港での保安警備が必要度が高くなったこともあり、空港保安警備検定も設けられています。ハイジャック防止や手荷物検査場での仕事が、主なものとなるものとなります。

広告募集中